ルナメアACは大人のニキビ対策として毛穴ケアをするために作られたスキンケア商品です。

ルナメアACは、富士フィルムが独自で開発したナノ化技術によって作られた成分であるアクネシューターが配合されています。

ルナメアACとクレーターへの効果

アクネシューターを肌に乗せるだけで、肌の表面に存在している油分の力を使用して毛穴の奥深くまですっと浸透していきます。

 

クレーターになってしまったニキビの奥深くまで直接にうるおい成分やニキビ有効成分を届けることによって炎症を抑えたり再びニキビができることを防ぐ働きをもっています。

 

一般的なスキンケアでは毛穴の奥やクレーターになった肌の奥まで有効成分を届けることは難しいですが、ナノ化された成分の粒子は驚くほど小さくて浸透性が高いことによって高い効果を得られます。

 

またルナメアACの洗顔料にはファイバースクラブという糸状になった繊維が含まれています。

 

クレーターになると凹凸ができてしまい、汚れを隅々まで洗い流すことが難しくなります。

 

しかしファイバースクラブの洗顔料を使えば、細かい繊維が圧力をかけることで自由自在に変形して、狭い部分までしっかり洗浄できることから肌への負担を少なく汚れを洗い流すことができます。

ニキビ跡ができる仕組み

ニキビは、毛穴の中に存在する皮脂腺から生み出される皮脂が毛穴煮詰まって、そこにアクネ菌などが感染することでできます。

 

新陳代謝が活発であれば毛穴に詰まった皮脂や汚れは自然と流れでていきますが、代謝が滞ってしまうとニキビができてしまいます。

 

その結果、炎症を起こしてダメージを受けた細胞が膿が発生したり、ダメージを克服しようとしてコラーゲンが大量に作られます。

 

そのコラーゲンが瘢痕組織と言われており、それが残ることによってニキビ跡の原因になります。

 

瘢痕組織は炎症がおさまった後も毛穴の中にとどまって内側にこびりついた状態になります。

 

そうなると毛穴が広がった状態のままになったり、皮膚の表面が凹凸になってクレーターができた状態になってしまいます。

 

古い角質は時間と共に自然と剥がれ落ちますが、瘢痕組織がかなり毛穴の奥深くまで浸透してしまうと、ニキビ跡がなくなるまでかなり長い時間がかかります。

 

またニキビ跡が残っている状態のところに、再び新しいニキビができてしまうと、さらに跡が残りやすくなったり消えるまでに時間がかかります。

 

そこでルナメアACを使用すれば、新しくニキビができないような肌作りをしたり、毛穴を綺麗にして跡を残さないように促すことが期待できます。