ルナメアACとビーグレンの比較

ルナメアACは、洗顔フォームから保湿クリームに至るまで全てに植物エキスを豊富に配合して製造されています。

ニキビに対処するコスメは、お肌が乾燥しやすくなる場合が少なくありませんが、植物エキスがお肌の乾燥を防止してくれるのが特徴です。

 

そして、ナノ化技術によってお肌を保湿する成分とニキビに対処する成分が、お肌の奥の方にまで浸透しやすい状態になっています。

 

一方でビーグレンの方は、国際特許を保有しているサイエンスコスメです。非常に値段が高いので高級化粧品に分類されると言えます。

そのため化粧品に採用されている技術はルナメアACよりもインパクトがあるのが特徴です。

 

ルナメアACは非常に泡立ちが良く泡は多少硬めですが泡立てるとキメが細かい、しっかりとした泡ができあがります。

お肌に直接手が触れることなく顔が洗うことができるため満足感を得やすいです。

 

ビーグレンの方は、洗顔フォーム自体は泡があまり立たない形になっていて、お肌に洗顔フォームを馴染ませて洗い流すタイプになっています。

 

しかし、このタイプだと炎症がある黄ニキビや赤ニキビに対処するのが困難です。泡が立つタイプの洗顔フォームの方が取り扱いやすいと言えます。

ビーグレンのメリットとデメリット

“ビーグレンシリーズの洗顔フォームは医薬部外品になっており、グリチルリチン酸ジカリウムが豊富に配合されており、その成分の働きがニキビが炎症している症状を抑制してくれるというメリットがあります。

 

そして、国際的な特許を持っている浸透テクノロジーを取り入れていて角質層の奥の方にまで有効成分を浸透させてくれるサイエンスコスメとなっているのです。

 

ただし、ビーグレンには美容成分としてセラムCという成分が配合されているのですが、このセラムCには独特の鉄のような臭いがして、人によっては使い心地が良くないというデメリットがあります。更にこのセラムCの作用によって個人差がありますが、お肌が乾燥してしまうことがあるのです。

 

1週間ほど利用できるトライアルセットが用意されているのですが、トライアルセットでも2千円ぐらい、本体であれば、それぞれ4千円から6千円ぐらいする高級品ですので、お肌に合わないといった場合に経済的な負担が大きくなります。

 

お肌に合わなかった場合の備えて返金保証の制度も用意されているのですが、全ての場合において適用される訳ではないので、自分のお肌に合うかどうかを前もって充分に確認してから使用することが必要です。

 

なので、ビーグレンよりもルナメアACはおすすめなんです。