ルナメアACとファンケルは一見すると同じような効果を謳っています。

しかし、価格に差があったりするので購入する際には迷うかもしれませよね。

そこで、ルナメアACとファンケルのどちらがニキビケアとしてオススメなのかを検証してみました。

ルナメアACとファンケルのニキビケア

ニキビのケアに特化した化粧品はネットでも数多く見かけますが、思春期の人のみならず、大人になってもニキビ肌に悩む人は少なくありません。

そんなニキビ対策化粧品として今人気のあるのが、ルナメアacと知名度抜群のファンケルアクネケアです。

どちらも大変知名度が高く口コミの評価も上々ですが、改めて両製品にはそれぞれどんな特徴があるのでしょうか。

 

ファンケルといえば、もはや女性なら誰もが知っているほど、国内では圧倒的知名度とコスメ製品でのシェアを誇ります。

その中でもニキビケアに特化したのがファンケルアクネケアで、一般製品とは配合成分などもニキビ肌のケアに特化して開発されています。

ファンケルの売りである無添加のコンセプトはそのままに、合成化合物や着色料、防腐剤などは全て不使用です。

 

さらに保湿成分にはマルビジン含有花エキス、プルーン酵素エキスなど植物性成分にこだわりを持ち、女性の敏感な肌をやさしくケアすると謳っています。

一方でそんな人気商品でも、やはり低評価の口コミはごくわずかですがあるようです。

 

量が少なくコスパがいまいち、質感がさっぱりしすぎていて保湿されている実感が少ない、乾燥肌の人には不向きなどといった感想もありました。

ルナメアACの口コミ情報

一方ルナメアacは、ニキビ肌に悩めるユーザーの間では大変よく知られています。
製造元は富士フィルム社で、こちらも古くからあるフィルム製造会社で国内では先駆け的存在と言われており、老若男女問わず誰もがその名前を知っているでしょう。

 

そんなフィルム製造技術をスキンケア製品に置き換え、独自開発された画期的な技術がアクネシューターです。

 

アクネシューターとはルナメアの保湿主成分であるグリチルリチン酸ステアリルをナノ化し、毛穴によりアプローチしやすいように改良されました。

この成分には油分に溶け水分に溶けない性質があるため、ニキビの原因物質となる余分な皮脂を吸着しながら、保湿成分を角質に浸透させる働きがあります。

 

そのため、ニキビに影響を与える毛穴の汚れと乾燥を予防するので、ニキビ肌に悩んでいたところ継続して使って改善したという口コミをいくつも見かけます。

 

ファンケルにもルナメアにも、それぞれ特徴がありどちらが優れているかを判断できません。
スキンケア製品を購入する際に最重視することは、肌に合っているか否かです。

どちらも約1週間分のお試しセットがあるので、一度実際に肌につけてみるのが確実です。