大人ニキビ対策の化粧水として今ネットで人気のルナメアacとノブ(Nov)AC、共にニキビ痕をケアし肌質全体の改善をサポートします。


しかし配合成分や肌質改善のアプローチ方法などで、両者にはそれぞれ特徴があるようです。

気になる成分や効果などについて、2つの製品を比較しまとめてみました。

ルナメアACとノブ(Nov)ACの成分を比較

まずルナメアACとノブACのvの保湿成分ですが、両製品ともにグリチルリチン酸ステアリルを採用しています。

その他の成分として、ルナメアacには天然ビタミンEやグリセリンといった保湿成分の誘導体が入っています。

たいしてノブACにはヒアルロン酸、セラミドといった異なる成分で潤いキープ力を強化し、ニキビに特化するというよりは保湿に力を入れて製造されています。

またニキビ対策のメソッドとして、ルナメアが毛穴ケアに着目したのに対して、ノブでは臨床皮膚医学に基づいた総合的な肌ケアを目的としています。

その他使用感としては共に刺激は強くありませんが、ノブにはエタノールが含まれているため、人によってはスッとした触感を覚えるでしょう。

ルナメアの特徴であるアクネシューターが秀逸

つまりルナメアでは、保湿をはじめとした潤い保持をしながら毛穴へのアプローチもするという、トータルでの水油分バランスを重視しています。

さらに製造元の富士フィルム社が開発した独自技術である、アクネシューターについても見逃せないポイントと言えるでしょう。

アクネシューターとは、主要成分グリチルリチン酸ステアリルをナノ化、それによって極小化されたことにより毛穴に入り込みやすくしました。

またこの保湿剤には、油に溶けやすく水に溶けにくいという性質があります。

ニキビの原因物質である毛穴中に溜まった余分な皮脂を吸収し、その一方で必要な保湿剤を浸透させていきます。

汚れを取り除き潤いを届けることによってニキビができにくくなり、またターンオーバーも正常化され、出来てしまったニキビ痕を滑らかにしていく効果にも期待が持てるのです。

加えてエタノールフリーとなっているため、より刺激が少なく肌にやさしいです。

 

ルナメアACもノブACもそれぞれ独自の成分を持ち、肌に対する目的や効果の表れ方に違いがあります。

肌質は個人ごとの違いが大きくあるため、どちらが優れているかは一概には言えず、今必要としている対策に合わせたものを使用するのがベストでしょう。

両製品ともトライアルキットがあり、試してみることができますので、まずは実際に使ってみるのがおすすめです。